購入の流れ

  • STEP1:情報収集
  • STEP2:購入相談・資金計画
  • STEP3:物件選定
  • STEP4:売買契約
  • STEP5:契約・決済・物件引渡し
  • STEP6:物件の管理体制

STEP1:情報収集

まずは、どのような物件があるかを探してみましょう。
場所、価格、利回りなど、条件とその優先順位を決めてから最新の物件情報を入手します。
はじめに立てた資金計画を元に希望の物件情報を入手します。
情報入手の方法としては、インターネット、新聞、チラシ、DMなどがあります。
我々にご相談いただければそれらの情報をまとめてご提供することが可能です。
投資物件を探す
投資物件一覧はこちら
投資物件を探してもらう
投資物件リクエスト

STEP2:購入相談・資金計画

購入希望物件が決まったら資金計画を立てる必要があります。
検討している収益物件の現状の利回り、将来の利回り、銀行融資、検討物件の修繕費用、
税金、諸経費などを考える必要があります。

STEP3:物件選定

収益物件を選ぶポイント

立地
オフィスビルであれ、マンションであれ、そこを借りていただく方がいて
はじめて収益が生まれます。
まず、検討される収益物件の立地を自分の目で確かめる必要があります。
周辺はどのような環境なのか、また検討している物件と同じような
物件があるのかなども確認する必要があります。
将来性
検討している物件が将来どのようになるのか、前面道路が変わったり、
周辺環境が変わったりする可能性があります。
どこに空地があるのか、周辺に何が立つのかなどを確認する必要があります。
状態
検討している物件の状態を必ずチェックしましょう。
管理が行き届いているのかを確認することが大切です。
また、築年数がたっていれば大規模修繕などが発生する可能性があります。
*物件選定の際には利回りだけでなく、現地調査をおこなって、将来運用できることを確認することが大切です。

STEP4:売買契約

購入希望物件が決まったら、具体的な価格や条件について交渉に入ります。
また、今の物件の状況について詳しく確認をしていきます。
交渉が売主と合意にいたれば、売買契約を結びます。
契約書を確認した上で、不動産会社から契約を結ぶ前に重要事項説明を受けます。
契約書の中で不明な点、検討するにあたって不利な事項などをしっかり把握する必要があります。
ここで契約書の内容を十分に把握することが将来のトラブル防止になってきます。
不明な点は必ず不動産会社に確認することをおすすめします。

STEP5:契約・決済・物件引渡し

契約が終われば、決済および物件引渡しを行います。
決済の際には必要書類の引渡し、代金の支払いおよび売主と買主の間で
様々な費用の清算などを行っていきます。

STEP6:物件の管理体制

収益物件を購入後、如何にその物件の収益性を上げていくかが重要になっていきます。
入居者に入居してもらってはじめて収益が発生しますので、購入した物件の管理、
入居促進のための対策が必要になります。
自身で行うのか、不動産会社に物件の管理、入居のための対策を依頼するのかを選択して
収益性を上げていきます。
また、将来の売却に備えて、どれくらい管理費用を使うのか、どの時期に売却するのかも
考えていく必要があります。
まずはご相談ください。ご相談・ご質問などお気軽にどうぞ。 お電話でのお問合せ 092-473-6011メールでのお問合せはこちら